アノオト

2014.02.07

バレンタインに聞きたい「愛ある言葉」。伝える場所の「音」でより効果的に

目の前に迫るバレンタインデーは、日本では、女性が告白することを許されている一日らしい。でも、世界的に見ると、男性が女性に愛を伝えるパターンが多いのだとか…。

上海出身の女性は、日本のバレンタインデーの「女性が男性にチョコを渡す」習慣に憤っていました。
「何で私がチョコをプレゼントしなくちゃいけない? バレンタインは男性が女性に求愛する日だ」と。
私も、彼女の意見に大賛成! 男性が女性に、気持ちを伝えればいいのに…と思います。

日本人男性は苦手かもしれませんが、今年の2月14日は、女性に気持ちを伝える日にしてはどうでしょう? 

バレンタインに、男性から愛のあるひと言が聞きたいという女性は多いのです。お花やケーキをプレゼントして「好きです」とか「愛してる」とか「感謝してる」とか、普段は言えないひと言を伝えてみてください。ホワイトデーに「お返し」を渡すより、積極的で、効果的! 間違いなく、好感度がアップします。

また、片思い中の男性なら、バレンタインというイベントを上手に利用して、女性を食事に誘ってみてはいかがでしょう。「せっかくのバレンタインだし、おいしいレストランがあるので、一緒に行きませんか?」と言えば、唐突に誘うより、声を掛けやすいはず!

そして、バレンタインデートをするなら、その場所の音にこだわってみてください。レストランは、バックミュージックが「聞こえるかな?」という程度の音量のお店がおすすめです。会話がしやすく、疲れません。

細かいけれど、意外と大切なのが座る場所。厨房の付近や、スタッフが出入りする場所を避けることもポイント。スタッフが何度も通るような場所は雑音が多く、デートの邪魔になるのです。音は効果的に使いたいもの!

バレンタインまで、まだ時間はあります! 大切な女性のために準備しませんか?

この記事をかいた人: 岡田愛香

銀ホスライター・コラムニスト。銀座の老舗クラブで磨いたコミュニケーション術&営業テクニックを紹介。恋愛・結婚・出産など女性の身近な問題を研究し「今よりちょっとだけ人生を豊かにする方法」を提案。