アノオト

2013.12.19

電源ケーブルもいらない!完全ワイヤレスなステレオBluetoothスピーカーが“未来”だった

0003

ある意味、ケーブルは鎖だったのかも。

ヘッドフォン・イヤフォンに続き、Bluetoothスピーカーに注目が集まっているそうです。一昔前の、特に小型なBluetoothスピーカーはなにかと音割れしやすく「音質が悪い」というイメージが強かったのですが、JAWBONE JAMBOXのヒット以来、コンパクトでも音圧・量感共にリッチな製品が次々とリリースされ、ブームの兆しを見せています。

そんなBluetoothスピーカーの新作を聴いてみない?と編集長に言われ、Urban Utilityの「WワイヤレスBluetoothスピーカーUSBS-WW1)」をチェックしてみたのですが…。これがかなりスゴい。オーディオの未来形といっても過言ではありません。

0005

USBS-WW1はバッテリー内蔵のポータブルBluetoothスピーカー。右に1つ、左に1つのエンクロージャーを持つスタンダードな構成のスピーカーです。でも従来の分離型Bluetoothスピーカーと違うのが、左右のユニットを結ぶケーブルがないところ。

スマートフォンやプレーヤーとの接続はBluetoothでワイヤレス。電源もバッテリー式でワイヤレス。左右のスピーカーもBluetoothで繋がる、完全無欠なワイヤレススピーカーなんですよ。

コンセントがなくてもOK。左右のユニットの設置位置も自由自在。近くに置いて密度感のあるサウンドステージにしてもいいし、離して置いてステレオ感を高めてもいい。ベランダでも、玄関キッチンおトイレでも、バッテリーが切れるまで音に浸れます。超レイアウトフリー。コイツがあると、スピーカーを使ったオーディオシステムの常識が一変しますよ。

公式の連続再生時間は20時間。10時間ほど聞き続けてみましたが、まだバッテリーに余力はあるように感じました。

0002

サウンド面も上々です。1.5インチ径のスピーカーユニットを使っているとは思えないほどの量感があります。低域全体でみると線の細さを感じるところもありますが、中域の存在感が高くボーカル曲とのマッチングがGOOD。アンプのパワーも無駄に欲張ってないのが好ましい。マキシマイザーをかけすぎた曲でなければ、まず音割れしません。ボリュームを上げてもクリアです。

まあBluetooth Ver.2.1+EDRで対応プロファイルはA2DP、対応コーデックはSBCのみ。“Bluetoothの常識を超える高音質が!”とまでは行きませんが、手のひらサイズでこの音質・音量が出せるなら十分でしょう。

0006

重さは175g。ピアノ線で天井からつり下げたくなりますなー。

0007

ボリューム、モード変更、ペアリングなどのボタン類はハウジング底面に。また背面には充電用のmicroUSB端子を備えています。

0001

充電しておけば、聴きたいときだけ聴きたい場所に持ち出してリスニングできる。とにかく便利だし、ノンケーブルゆえの解き放たれた感も強烈。特にベッドにゴロンと置いて波の音・せせらぎの音・雨音などを流してみたときのリラクゼーション効果がハンパなかった…!

別途Bluetoothオーディオトランスミッターを用意すれば、テレビやPS3などからも音を送り込めますし、ヘッドフォン・イヤフォン専門の方にも一度試していただきたいアイテムですね。

WワイヤレスBluetoothスピーカー(USBS-WW1)[Urban Utility]

この記事をかいた人: 武者良太

モノ系情報をお届けしているいちライター。紙媒体ではモノマガジンなど、WEBではギズモードなどで活動中。音楽出版社のヘッドフォンブックにも参加している。