アノオト

2013.12.12

紅白歌合戦を見ながら、二人の仲が深まる「お願い」を

131212zouni

12月に入ると、時間が過ぎるのが恐ろしく早まりますね。気付けば12月31日の、紅白歌合戦ももう間近です。

みなさんは、紅白歌合戦と言えば、どんな思い出がありますか? 私の紅白歌合戦にまつわる思い出と言えば…「お雑煮の味」です。テレビの紅白歌合戦を見る私の後ろで、母が一生懸命、年越しそばとおせち料理と同時進行で、お雑煮の下ごしらえをしていました。私はと言うと、味見係で、お雑煮の味を確かめるのが仕事。

今年、もしも、あなたが彼女と紅白歌合戦を見るときには、その最中にひとつ、彼女へお願いをしてみてはどうでしょう。「元旦はお雑煮を作って」と。

彼女の手作りのお雑煮は、恋人の家の味を知るいいチャンス。ご存じの方も多いと思いますが、お雑煮の味は地域ごとにかなり差があり、バリエーションは豊富。さらに、同じ地域でも家庭によって、白味噌を使う地方や鶏肉が入る家、あんこ餅を入れる家庭もあります。お雑煮は、まさに家庭の味。作る側の女子代表として言うと、恋人にお雑煮を作るとき、「毎年、彼にお雑煮を作って食べさせてあげたいな」と考えます。これだけでも、温かい気持ちでお正月を迎えられそうですよね。

紅白を見るあなたの後ろで、彼女がお雑煮の準備をしている…とても幸福な一年の締めくくりになりそうです。

紅白歌合戦も、お雑煮も、毎年の恒例です。だからこそ、思い出話で盛り上がれるはず。これまで聞いたことのない、小さい頃のお正月エピソードが聞けるかもしれません。そんな思い出の共有が、彼女との距離が近づく、きっかけになるかもしれませんよ。

[Photo by yoppy

この記事をかいた人: 岡田愛香

銀ホスライター・コラムニスト。銀座の老舗クラブで磨いたコミュニケーション術&営業テクニックを紹介。恋愛・結婚・出産など女性の身近な問題を研究し「今よりちょっとだけ人生を豊かにする方法」を提案。